【ハメ撮り氏デストロン】10代家出少女と再会。お母さんに手伝ってもらったメイクとお気に入りの服が背徳感を煽る。純粋な少女の濡れた発育中マンコに濃厚精液を大量中出し

タイトル Title :【ハメ撮り氏デストロン】10代家出少女と再会。お母さんに手伝ってもらったメイクとお気に入りの服が背徳感を煽る。純粋な少女の濡れた発育中マンコに濃厚精液を大量中出し。【個人撮影】
初公開日 Release : 2021/07/13
ファイル容量 Capacity : – GB
作品番号 ovd65548-hd

10代家出少女。親と喧嘩して漫画喫茶で寝泊まり。※半年間発売出来なかった作品。自己責任で見てください。

食べ物も満足に食べられず、ドリンクバーで空のペットボトルにひたすらジュースを詰めていました。

幼い子のそんな姿を見て驚いた私は、思わず彼女に声をかけました。

真っ直ぐな目で助けを求める彼女の顔をみて、この子のために何とかしてあげたいと思いました。

お小遣いをチラつかせて、話を聞いてあげると安心させて向かった先はホテルです。

そこにやましい気持ちがなかったといえば、嘘になります。

お金がほしいとのことだったので、迷うことなくホテルに連れ込みました。

幼すぎるので、周りの目を警戒しながらホテルに向かいました。

2人っきりになったあとはたっぷりと性教育をしてあげました。

お父さんに襲われた過去を持つるりちゃんは処女ではありませんでした。

なのでエッチの経験はありますが、私に放たれた人生初の中出しには、何が起きたのかよくわかってない様子でした。

幼い子なのにチンポが気持ち良かったようで、体を拗らせて喘ぐ姿はあまりに大人びていてセクシーでした。

私も射精を我慢するのに必死でしたが、堪えきれなくなり狭い膣内に大量放出しました。

穏やかな春の良き思い出です。

そんなるりちゃんに再び会いたくなり、また会えないかと連絡しました。

あの幼く小さな発育中マンコをもう一度味わいたい。チンポと脳があの感触を再び求めてました。

小さな体をクネクネ動かし、暖かく湿った膣内にチンポを入れると思わず声を漏らす彼女。

あの時は、彼女の10代とは思えない身体の反応にチンポはギンギンに破裂しそうになり、問答無用で中出ししてしまいました。

るりちゃんの姿が夢にまで出てきて、彼女を思い浮かべてオナニーしてしまったほどです。

そのくらい中毒性のある快感を与えてくれたのが、るりちゃんでした。

会いたいと連絡してから一週間がたちました。一向に帰ってこない返事を待ちながら様々な不安が噴出してきました。

もしかして連絡先を消されているのだろうか…この前の中出しで妊娠してしまったのか…

それとも親にバレて捜査が始まってしまったのか…いろいろな不安が頭をよぎります。

それでも、るりちゃんと再び生ハメセックスしないことには死んでも死に切れません。

連絡を毎日し続けました。るりちゃんとどうしても生ハメ中出しがしたい、その一心でした。

連絡がきたのは、るりちゃんとの出会いから2ヶ月が経った日です。

新学期もはじまり、新たな学校生活にも慣れて余裕が出てきたのでしょうか。

突然るりちゃんから連絡が帰ってきて驚きました。少女という存在は常に気まぐれです。

「いっしょにあそんでくれますか..?」

金銭を要求してこないのがまた嬉しいですね。

本当はお小遣いが欲しいんだろうけど、いくらほしいと具体的に交渉してくるスレた援交女とは違い、

まだ幼い世間知らずな彼女は、相手の要求にすべて合わせくれる従順さがあります。

…おじさんとデートしよっか。なにして遊びたい?

「公園にいきたい!あとオムライスたべたい」

るりちゃんは健気で素直です。

新学期の始まった学校では友達ができず、休みの日はいつも一人で遊んでるようです。

ゲームセンターで太鼓のゲームをしたり、本屋さんで漫画を立ち読みしたりして時間を潰します。

そして親と喧嘩したときには家から遠く離れた公園に行き、お金がないときは遊具の中で寝泊まりする日もあるようです。

幼く可愛い女の子が一人で公園に泊まるなんで、現代の先進国では考えられない事態です。

私たちの知らないところで格差はどんどん広がっています。

しかしこうした格差があるおかげで、私たちは幼い少女のマンコにたどり着けるという現実があります。

なんとも悲しい運命です。

「きょうはね、お母さんに手伝ってもらってメイクしてきたの。..可愛い?」

慣れないメイクに悪戦苦闘していたるりちゃん。

そんな姿に見かねて、お母さんがメイクを手伝ってあげたそうです。

「メイクね、半分は自分で頑張ったんだよ」

と自慢げに話するりちゃんが可愛くて愛おしかったです。

ところどころメイクが崩れてるのは慣れないメイクを自力で頑張ったからなんだと思うと、

この健気で純粋な女の子が可愛くて仕方なかったです。

彼女を見ると私のチンポはみるみる膨張してきて、はやく生マンコにチンポを突っ込みたくて仕方がありません。

デートなんてどうでもいいから、はやくホテルに行きたい。

久しぶりに会えたんだし、ジュースでも飲みに行こうか、

と提案してウキウキした顔のるりちゃん。

「オムライスも食べたいし、水族館とか行きたい!」

なんて無邪気にはしゃぐ10代の少女。

今から予約してあるホテルに行くんだよ、とは言わずに2人で道を歩きました。

周りから見れば親と子に見えるのかな、恋人は流石に無理だな、

なんて考えながら歩いてるとホテルにつきました。

「ここでジュースのむの…?どこのお店いくの?」

なんて不安げな顔をするるりちゃん。

そこからなにも話さずに部屋の前についてドアを開けました。

カメラマン用に来てくれたもう1人のおじさんが部屋にいて、

るりちゃんは知らないおじさんが笑みを浮かべてくるので不信な様子でした。

帰らせないようにドアを閉めて鍵をかけ、奥の椅子に座らせてカルピスを渡しました。

ジュース飲もうねと優しく微笑みました。

「いまからなにするの?」

もちろん生ハメ子作りパーティだよ、とは言わずに、

ジュース飲もうねと優しく微笑んで乾杯しました。

おじさん2人に舐め回すように身体を見られて俯いてしまう、るりちゃん。

騙されたと悲しんでるのだろうか、おじさんに囲まれて怖がってるのだろうか、

彼女に元気を出してもらうようにコンビニで買ったクッキーをあげて食べさせました。

そして自分で化粧を頑張ったことを褒めてあげました。

すると少し気分をよくしたのか笑顔を見せてくれたるりちゃん。

子どもは単純で健気で扱いやすいです。

…こないだの続き、しようか?

と優しく頭を撫でてあげると、不安げな顔で見つめてくるるりちゃん。

「こないだのって、アレのこと..?」

そうだよ、アレのことだよ、今日はもう1人のおじさんにカメラで撮ってもらって、

身体の隅々まで記録に収めて全世界のファンの皆様に見てもらおうね。

せっかくデートを楽しむためにお気に入りの服でメイクまで頑張ってきたのに、

いきなりエッチするのかと驚いている様子のるりちゃん。

もう我慢を抑えきれなくなっていた私は、勃起したちんぽをるりちゃんの身体に押しつけて、

おじさんはそれが一番楽しいんだよと教えてあげました。

頑張ったらお金をあげるからねと話すと、不安げな顔のまま、うん、と頷いてくれました。

私服から小さなおっぱいが少しだけ膨らんでいて、触ると柔らかい発育中の弾力。

これが幼い女の子のおっぱい、これを味わうために今日は来たんだというほどの最高の瞬間。

身につけている下着は子ども用の可愛いおパンツで、見てるだけでチンポからはカウパーが溢れ出てきました。

おパンツの匂いを嗅ぐと少し汗臭かったけれど、

柔軟剤と愛液の匂いが混ざってスケベなメスの香りを作り出していました。

お母さんが毎日洗濯してくれてる下着を汚してしまうのは、

なんとも申し訳ない気持ちになりましたが、勃起したチンポはるりちゃんの方しか向いてませんでした。

くちゅくちゅ音を立てる、るりちゃんの幼いマンコがいやらしいすぎて成長中のマンコを味わい尽くしました。

あん…とメスの叫びをあげる、るりちゃん。

なぜ法律は私たちの本能に対立するのでしょうか。不思議で仕方がありません。

こんなに彼女は濡れてるのだから、オトナちんぽを突っ込んでも無罪にしてくれよ。

そんな理不尽な世の中に辟易しつつも、ギンギンのちんぽを小さなお口にズボズボ突っ込み、

よだれを垂らしまくるるりちゃんの顔を見下します。

大人の権力に屈する幼き少女。その構図はまるで世の中の格差を表しているようでした。

ジュボジュボフェラでよだれを口から垂らしまくる少女は、

デートのためにお母さんと共に頑張って準備してきたメイクを台無しに崩しました。

そんなことお構いなしにシックスナインの体制で、

るりちゃんのマンコを味わいながらチンポを味わってもらいます。


ovd65548-hd1.mp4 – 4.8 GB
ovd65548-hd2.mp4 – 734.7 MB

至福の瞬間。

この世の全てのものに感謝できるほど幸福感が脳から溢れてきました。

非合法なおくすりを嗜む人たちも、こうした脳内になっているのでしょうか。

イケナイ喜びを知ってしまうと、もう普通の人間には戻れません。それでもこの快楽からは逃れることはできない。

彼女の幼いマンコに生でチンポを突っ込むと、

暖かくて狭い膣内がとんでもなく気持ち良すぎて、すぐに発射してしまいそうでした。

るりちゃんの泣き叫ぶように感じてる顔は、

どこにでもいそうな普通の女の子から、どんな女性よりも美しく過激でスケベな姿に変わりました。

ピストンを早めると声を大きくする幼い女の子、

学校の先生たちは教え子のこんか卑猥な姿を見たらどう思うのでしょうか。

親御さんは娘のこんなハレンチな姿を見てどう思うでしょうか。

そんなことはお構いなしに非道徳的なピストンを繰り返します。

倫理観はいつの日かどこかに捨て去りました。

あるのは快楽を追求するチンポと幼い少女への中出し欲求だけです。

もう私は人間ではないのかもしれません。

そんな絶望感に似た感情が浮かびかけたとき、それよりもはるかに威力の強い中出しの快感が全身に走りました。

まるで雷に打たれたような刺激です。

脳裏に言葉が浮かんできました。

「中出しやめますか、それとも人間やめますか」